エペルネのラ・バンクでボリュームたっぷりの昼食

こんにちは。
WSETレベル3試験に向け勉強中の、あけみ(@akemi_246)です。

シャンパーニュ地方のワイナリー巡りにおける「第二の拠点」エペルネ(Épernay)では、ラ・バンクという有名なブラッスリーで昼食を取りました。

ブラッスリー・ラ・バンクについて

友人から「エペルネではこのお店が美味しいよ」とオススメされて行ってきたのが、こちらのブラッスリー・ラ・バンク(Brasserie La Banque)さんです。

調べてみると、あのキャシー中島さんもラ・バンクの常連さんでした!(高校生の頃、キャシー中島さんにお会いしたことがあり、そのお美しさと上品さの虜となりました。それ以来キャシーさんのことが好きな私)

>>> キャシー中島さんのオフィシャルブログ

私はランチで利用させていただきました。

2018-10-25_18-44-56_688

ラ・バンクは、その名の通り昔の銀行の建物を改装し、そのまま使っているブラッスリーなのだそうです。「Banque de France」という看板も、当時の様子を残していて、建物にも歴史を感じます。

ホームページでは開店時刻が見つかりませんでしたが、開店時間は12時からでした。開店時刻が分からず、12時前にお店の前に到着していたので、開店と同時に入店できました。その時点では広い店内はガラガラでしたが、1時間もするとほぼ満席でかなり混雑していたので、人気の高さが伺えます。

お食事

私が選んだのは27ユーロのコース。前菜、本日のお料理、デザートをいただけます。

2018-10-25_19-31-28_000

メインはビーフシチューです。日本でお目にかかるビーフシチューとは違っていて、透き通ったスープのような感じ。お野菜もたっぷり入っていて、お肉はホロっとほどけて、とても美味しかったです。それにしても量が多いですね。これぞまさしくフランス料理です!

2018-10-25_19-54-49_000

デザートはシュークリームの皮を固くしたようなお菓子に、たっぷりのチョコレートソースとホイップクリームがかけられたこちらのお菓子です。

チョコレートソースが濃厚で、シュークリームみたいな部分とのザクザク感とのコントラストが楽しく、美味しい一皿でした。

2018-10-25_20-29-01_000

ラ・バンクの有名なトイレ

ラ・バンクの面白いところは、銀行時代の建築の名残が現代にも活かされているところです。

こちらの派手な赤いお部屋はお手洗い。銀行時代に何に使われていたかは残念ながらわかりませんが、面白いので撮影しておきました。

2018-10-25_20-21-59_278


こちらは床(カーペット)の写真。色々な通貨の単位がプリントされています。

2018-10-25_19-19-53_000

インフォメーション

住所:40 Rue Général Leclerc, 51200 Épernay, フランス
公式HP:https://www.brasserie-labanque.fr

関連記事

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です