Top

こんにちは。
ワインの勉強が趣味となりつつある、あけみ(@akemi_246)です。

広尾駅のすぐ近く。しばらく前にブルックリンスタイルの洒落た商業施設ができていました。

1Fのブルーボトルコーヒーだけは認識していたのですが、中には複数のカジュアルレストランが入っているらしい。

「EAT PLAY WORKS(イートプレイワークス)」という商業施設です。

この日は2FにあるĂn Cơm(アンコム)で、エスニック料理とワインのマリアージュを楽しんできました。

Ăn Cơmは、外苑前にある人気ベトナム料理レストランĂn Đi(アンディ)の新形態レストランだそうです。エキゾチックなライトがお出迎えしてくれます。

「エスニック料理にはロゼワインだろう!」ということで、ワインリストに1つだけ載っていたロゼワインを選びました。日本、山梨県で作られたマスカットベーリーAを使ったロゼワイン。

お料理は、和風の生春巻き。マスが透けて見えているの、分かりますか?

パパイヤのサラダとか、スパイスの香り豊かなブルスケッタとか、ラムのつくねとか。

2杯目は赤ワインにしました。

お料理はベトナム料理と和食のフュージョン。初体験の食材の組み合わせばかりで、驚きの連続でした。ワインともよく合います。日本酒はワイン以上に取り揃えているそうなので、日本酒がお好きな方もきっと楽しめるはず。

このブログの運営者のあけみと申します。晩酌のワインと、ワイナリーツアー旅行を楽しみに生きています。ワイン資格のWSET取得を機に、ワインの勉強が趣味となりつつあります。このブログでは私なりのワインの楽しみ方や、ワイナリーツアー旅行記などをご紹介しています。

post a comment