ボルドーのワイン総合施設La Cité du Vin(シテ・デュ・バン)

ワイン好きなら見逃せない、ワインの総合施設La Cité du Vin(シテ・デュ・バン)に行きました。

La Cité du Vin(シテ・デュ・バン)とは?

シテ・デュ・バンは2016年にフランス ボルドー市にオープンしたワイン博物館です。ボルドーワインだけでなく、世界中の全ての文化・文明を通して、ワインを今までとは違った角度で展示するユニークな施設です。

まず驚くのがこの斬新な建築。金色の3本線はボルドーを流れる3つの川(ガロンヌ川、ドルドーニュ川、ジロンド川)を表しています。全て曲線で造られたこの建築物は、ワインのデキャンタをイメージしたものだそうです。

Cite du vin

言われてみればデキャンタっぽくもありますが、どちらかと言えばブーツとか靴下に近いような…。

場所ですが、地図で見るとこの辺り。ボルドー市内の北部にあります。

ボルドー市内を走るトラムB線に同名の駅があり、そちらで下車するのが便利です。

ボルドーに滞在する場合、トラムとバスと水上バスが乗り放題のチケットもあるので、チェックしてみてください。

【ボルドー】トラム&バスの乗り放題チケットがすごかった

2020.01.28

施設は10時オープンです。私は10時ぴったりに入場できるように、10分くらい前には到着しました。11月のオフシーズンに行ったのですが、それでも中国人や日本人など10名くらいは並んでいました。

入場料は20ユーロ(約2,400円)で、入場料にはワインの試飲1杯分も含まれています。

入場するとスマホのような音声ガイド無料で貸して貰えます。各国の言葉を選択でき、日本語もあります

ワインの展示方法が新しい!

入ってすぐにあるのが、世界のワイン産地の生産者や関係者の話を聞くことができるエリア。テロワール・テーブルという名称です。

ボルドー、ブルゴーニュ、カリフォルニア、オーストラリアなど、ワインの産地別に分かれていて、それぞれにモニターがついています。

そのモニターの前に立ち操作して、誰の話が聞きたいか?を選ぶと、その人が話す映像が流れてくる、という仕組みです。ボルドーやフランスのコーナーは人気で、なかなか空きませんでした。辛抱強く待っても良いですし、一緒に聞くこともできます。

フロアを上がると、ワインを五感で楽しむコーナーもあります。

視覚的に楽しむコーナーでは、白やピンク、赤、紫色に灯った円柱の電気が並んでいて「赤ワインのルビー色はどの色調の赤でしょう?」という問題に対し、タッチして回答する、というようなゲーム感覚の展示がありました。

下の写真はワインの香りを体感できるコーナー。ワインの香りの表現って、バラの香りとかヘーゼルナッツの香りとか、レザー(革製品)の香りとか、獣の香りとか沢山あるのですが、そういった香りを体験できるのです。

「獣の香り」を嗅ぐと、遊園地などにあるミニ動物園の香りがしました。ウサギとかヤギとかがいるあの香り(笑)

Cite du vin

こちらの「ワインの森」のような形をしたコーナーは、白ワイン・赤ワイン・ロゼワイン・スパークリングワインというように、ワインの種類別に分かれていて、それぞれのワインの特徴などを映像と音声で学べるコーナーです。

Cite du vin

別のツアーでお世話になったツアーガイドさんの話では、大抵の方は1〜2時間滞在されるようですが、私たちは2時間半くらい粘りました。それでも全ての展示を制覇できていません。疲れ切って諦めた感じで見学を終了しました。

シテ・デュ・バンの動画も撮影しました。音(音楽)が出ますのでご注意ください!

この投稿をInstagramで見る

2016年6月にオープンしたボルドーの新名所「シテ・デュ・ヴァン(Cite du Vin)」は、ワインの総合施設です。不思議な形はデキャンタをイメージしたもので、3本の金色のラインは、ボルドーを代表する川(ジロンド川、ドルドーニュ川、ガロンヌ川)を表しているそうです。 – オーディオが1人一つ貸し出されるので、展示品に対する理解を深めることができます。 世界中のワイン生産に携わる人たちへのインタビュー動画を見たり、ワインを表現する色や香りを体感したり、ワイン専門家の話を聞いたり、ボルドーの歴史を学んだり…。 とても楽しい施設でした🍷 #ボルドー #フランス旅行 #シテデュヴァン #citeduvin #ワイン好きな人と繋がりたい

akemi🍷(@akemi_wine)がシェアした投稿 –

展望台でワインの試飲

コースの最後は見晴らしの良い展望台でのワインの試飲です。

ボルドーワインの選択肢が多めで、全部で20種類くらい?から選べたと思います。

私が選んだのはボルドー産の甘口白ワインです。展示見学に本当に疲れてしまって…癒しを求めて甘口にしました。

この投稿をInstagramで見る

ボルドーのワイン総合施設「シテ・デュ・バン」の入場料20ユーロには、ワインの試飲料金も含まれていて、見学の最後には見晴らしの良いフロアでワイン・テイスティングを楽しめました🍾 10種類くらいあるワインの中から、一つだけ選べます。私が選んだのはボルドーにあるサント・クロワ・デュ・モンの甘口白ワイン。 – サント・クロワ・デュ・モンは、貴腐ワイン(甘口ワイン)の有名産地ソーテルヌの隣(正確にはガロンヌ川の向かい側)にあります。 施設の方からは、ソーテルヌよりも軽やかな甘さだとご紹介頂きました。 2時間以上も施設内で遊んだ後の、疲れ切った頭と身体を癒してくれるワインでした😊 – アペラシオンのプルミエール・コート・ド・ボルドーは、1リットルあたりの残糖が12gから45gのモワルーと呼ばれる甘口ワインのアペラシオンらしいです。それよりも残糖が多いものはリコルー。知らなかった…。 – #ボルドー #フランス旅行 #甘口ワイン #貴腐ワイン #白ワイン #ワイン好きな人と繋がりたい #ワイン

akemi🍷(@akemi_wine)がシェアした投稿 –

フランスはあまり高い建物がないので、展望台から景色を見るという経験をあまり楽しむ機会のない国のような気がします。そのため、こんな風に展望台から街を見渡せるのはとても貴重です。

外にも出られるので、なかなか気持ち良いですよ。(この日は小雨で寒かったですが…)

Cite du vin

シテ・デュ・バンでランチ

シテ・デュ・バンの上層階には眺望の良い高級レストランが入っていますが、私は1Fにあるカジュアルレストランでランチを取りました。

Latitude20というお店です。

迫力ある陳列のワインショップが併設されているお店ですが、奥にレストランの入り口がありました。

私が頼んだのは13ユーロのお食事セット。

前菜 + メイン + デザート + 飲みもの セットで13.00ユーロです。

Cite du vin

ちなみに「飲みもの」にはお酒も含まれていました!!訪問日の数日前に解禁したばかりのボジョレーヌーボーを選べました。

お店の人たち(というか、ボルドーの人たち)は親切なので「アントレは何?」「これは何?」と色々としつこく質問しても、笑顔で対応してくださいました。その結果このワインが出てきたので、コミュニケーションって大事だなと思いました。

Cite du vin

私が選んだのはテリーヌとキッシュとクレム・ブラン(だったと思います)。

一つ一つのメニューが大きいのが素晴らしいです。とても美味しくいただきました。

<Info>
シテ・デュ・ヴァン(La Cité du Vin)
URL:https://www.laciteduvin.com/en
TEL:+33 (0)5 56 16 20 20
住所:134-150 quai de Bacalan
トラムB線 La Cité du Vin下車
入場料:20ユーロ