レザン・ド・ソーテルヌというチョコレート菓子

知ったきっかけ

メゾン・ヴェルディエというチョコレートブランドのレザン・ド・ソーテルヌ。商品名は「RAISINS DORÉS」です。

「レザン」はフランス語でブドウのこと。そして「ソーテルヌ」はボルドーの甘口ワインのことです。

もともとこのお菓子に目をつけたのは、あのキムタクがパリを訪問する度にレザン・ド・ソーテルヌを買って帰られるという噂を聞いたからです。

どうやらテレビ番組でそのように言っていたようです。私はその番組を見ていないので詳細がわからず、もしかするとこちらのメーカーのものではないかもしれないかもしれないのですが気にしません。

とにかくフランスので美味しい食べ物を発見できれば良いのです!

食べてみた感想

このレザン・ド・ソーテルヌはソーテルヌのブドウをチョコでコーティングしたチョコレート菓子で、見ためは麦チョコのような感じ。

それと、面白いのはチョコレーズンのように、丸ごとのブドウにチョコレートがかかっているわけではないのです。もっと細切れ?になったようなブドウで、むしろブドウの形が見えないくらい。

味は、ソーテルヌの大人な甘さを感じて、凄く美味しいです!

買ったのはサンテミリオンの有名なお土産屋さんです。

お値段は1袋6.5ユーロ。やはり少し高級なお値段ですが、お土産としてはお手頃価格かもしれません。なんせ高級甘口ワインのソーテルヌですから!

パリでも買えます

パリでは、パッサージュビビエンヌにある Legrand Filles de Filsで販売しているそうです。

地図はこちらですよ。