Top

こんにちは。
ワインダイエットと貯金に励んでいる、あけみ(@akemi_246)です。

2018年に人生初のエールフランス航空に搭乗しました。この記事では、2018年10月のエールフランス275便への搭乗の様子をご紹介いたします。エールフランス275便は成田空港を午前中の10:35に出発し、フランス パリのシャルル・ドゴール空港(CDG空港)へは、同日の夕方16:10に到着します。

エールフランスのイメージ

それまで日本航空と全日空での渡仏経験はありますが、エールフランスは未経験でした。

「食事がおいしい」「機内でシャンパンが飲める」という話をよく聞いていたので、ずっと憧れていた航空会社でした。

一方、日系の航空会社はサービスがとても良いというイメージがあったので、外資の航空会社はどうなんだろう?という不安も、ないわけではありませんでした。

直行便であればどの航空会社でも良かったのですが、今回は、マイレージやスケジュールの関係など、諸々の条件によりエールフランスを選択しました。

いざエールフランス機に搭乗!

Air France

人生初のエールフランス。期待に胸を膨らませながらの搭乗です。

これまで使ってきた日系のエアラインだと、日本からの便なら特に日本人の方が多いのが常識だったのですが、エールフランスは違いました。周りはフランス人(と思われる外国人)ばかり。まだ成田なのに気分はフランス。テンションが上がります。

機内食

アペリティフ

離陸してしばらくすると、スナックとお飲み物が配られます。私はもちろんシャンパンを選びます。他の乗客の皆さんもシャンパンを選んでいる方は多かったです。

Menu of Air France

おつまみも、お酒に合いそうなプロヴァンス風味のプレッツェルです。プロヴァンス風味という名前のつくものは一般的に、オリーブオイルとにんにく、ハーブ等を使ったものが多いように思います。サクッとしたラスクのような、軽いお菓子でした。

Untitled

お食事

離陸から1時間半程経過すると、1回目のお食事が提供されます。お食事のメニューは以下の通りです。

  • プロヴァンス風小麦のサラダ
  • 鶏胸肉のタラゴン入り白ワインクリームソース/焼き野菜/ジャガイモ/ブロッコリー
  • チーズ
  • いちごと柚子のムース
  • コーヒーとお茶類
Menu of Air France

残念ながらお食事にはシャンパンの選択肢はなかったので、白ワインを選びました。

安ウマワインの宝庫、南仏ペイ・ドック地方のワインで、グルナッシュとシャルドネを使った白ワインです。

White wine in airplane Untitled

噂どおり、機内食はとても美味しかったです。いつもはサラダだけ頂いてあとは食べられずにいた私ですが、このお食事は完食しました。

そしてさすがフランスです。食後のチーズは欠かせません。

夕食

離陸から10時間程度経過した頃。着陸直前に2回目のお食事(夕食)の登場です。

  • ジャガイモとサヤインゲンのサラダ
  • トマトとバジルのソースのパスタ
  • チーズ
  • カラメル/プラリネのケーキ
Untitled


こちらもとても美味しかったです。

サービス

日本人の乗務員さんも3名いたので、機内アナウンスはフランス語→英語→日本語の順にしてくれました。食事をサーブしてくれる担当のCAさんは外国人だったので、フランス語か英語で希望を伝えました。

フライト中、お菓子や飲み物が置いてあるスペースがありますが、ミネラルウォーターが無くなった際、CAさんにお伝えしたらすぐに補充してくれました。皆さん笑顔で対応してくれましたし、気持ちの良いサービスを受けられたと思います。

まとめ

エールフランスは噂通り、お食事がとても美味しかったです。フランス人の搭乗客が多いのが、日系の航空会社と少し異なるところかな、と思いました。

個人的にはとても満足したので、今後も機会があれば是非使って行きたいです。保存保存

このブログの運営者のあけみと申します。 ワインとフランスが大好きです。晩酌のワインと、年に一度のフランス旅行を楽しみに生きています。このブログでは私なりのワインの楽しみ方や、フランスワイナリーツアー旅行記、フランスワインの歴史や文化などをご紹介しています。