Top

今秋は東京のフランスっぽい美術館を巡って楽しもうと思う

私はいつも、8月の暑くてどこに行っても混む時期を避け、9月以降に夏休みを取るようにしています。

今年は(も)新型コロナの影響でワイナリーツアーは難しいので、都内で楽しめることを考えました。

そんな時、ふとAmazonを覗いていたら、こんな素敵な本を発見!

aruco 東京で楽しむフランス」です!

都内でフランスっぽい場所は、すでに私は知ってるんじゃないかな…とも思ったのですが、試し読みしてみると、結構知らない場所も多く紹介されてたので、思い切ったポチリ。

今年の夏休みは都内でフランス気分を味わえる場所を巡って楽しもう!と考えたのです。

この本の中では、いくつか美術館も紹介されていました。

  • 東京都庭園美術館
  • 国立西洋美術館
  • アーティゾン美術館
  • 東洋文庫ミュージアム などです。

建物がフランスっぽいとか、フランスにまつわる展示物があるとか、それぞれフランスとの繋がりがあります。

芸術の秋ということ、また、最近覚えたばかりのお着物を着て、一人でふらりと楽しめる場所を探していたこともあり、しばらくは美術館巡りをして楽しむことにしました。

そんな私の強い味方が「ぐるっとパス」です。

2,500円で販売されているチケットなんですが、都内を中心に99もの美術館や博物館に入場(一部は割引のみ)できるというすごいチケットです。ちなみに利用期間は最初の利用日から2ヶ月間です。

入場料金にもよりますが、3軒くらい巡ったら元を取れそうな価格設定が嬉しいですね!

実は私、10年以上前にもぐるっとパスを購入したことがあります。その頃に訪問した美術館もまだオンリストされているものもあり、懐かしい気持ちになりました。

当時と今とでは住んでる場所が違うので、訪問しやすい場所も異なります。以前は池袋を中心に回りましたが、今回はその辺はちょっと遠め。まずは、行ったことのない施設からまわってみようと考え中です。

計画を立てていると、とてもワクワクしますね!とても楽しみです。