WSET レベル2 セッション5

WSET レベル2のレッスンに行きました。この日はセッション5(第5回目)の授業で、ガッツリ濃いめの赤ワインを作る黒ブドウを学びました。品種はカベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、シラー/シラーズを学びました。

授業の半分くらいを占めるボルドーは、行ったばかりなのでさすがに良く理解できました。

問題はニューワールド…。特にオーストラリアが脳内で大混乱しています…。前回までに習ったマーガレット・ヴァレーとかクレア・ヴァレーとか聴き慣れない地名が出てくるし、場所もよく分からない…。

やはり実際に訪問しないと全然理解できませんねー。

こちらが試飲したワイン。

  1. ドメーヌ・ペイリエール レゼルブ・メルロ2018(メルロー フランス・ペイドック)
  2. シャトー ・トゥール・サン・クリストフ2014(メルロー フランス・ボルドー・サンテミリオン)
  3. シャトー・ディッサン2013(カベルネ・ソーヴィニヨン フランス・ボルドー・マルゴー)
  4. ベリンジャー2016(カベルネ・ソーヴィニヨン アメリカ カリフォルニア ナイツ・ヴァレー)
  5. ギガル2015(シラー フランス 北ローヌ)
  6. オールド・ブロック・シラーズ2015(シラーズ オーストラリア バロッサ)

ドメーヌ・ペイリエール2018

安旨ワインの宝庫、フランス南部のペイ・ドックで生産されたメルローのワインです。価格は1,486円で、この辺りのワインでは一般的な価格帯のワイン。

こちらのFELICITYさんというオンラインショップで販売されているようです。テイスティングコメントも記載されていますが、レッスンでテイスティングしたコメントとはかなり異なっていて面白いです。レッスンでは、こちらのワインは赤系果実とリコリスの香りと風味が感じられるシンプルでグビグビ飲める系のワインだったので(笑) ヴィンテージが1年違うだけで、湿った森のニュアンスが感じられるようになるのか、興味深いです。

熟したプラムやブルーベリーの香りに、湿った森の土や生肉のニュアンスの複雑香。果実味と優しい酸味、しなやかなタンニンの全体的に丸みのある心地よい味わいのワインです。

オンラインショップのコメント

シャトー ・トゥール・サン・クリストフ2014

フランスのボルドー地方サンテミリオンで作られたメルローワインです。

サンテミリオン、行きましたよ。

私が訪問したワイナリーも、今回のテイスティングワインも、ともにサンテミリオン・グラン・クリュのワインです。

ボルドーワインには、基本的にはグランクリュというAOCはないのですが、サンテミリオンだけは別。サンテミリオンAOCの上にサンテミリオン・グランクリュというAOCが存在します。サンテミリオンAOCもサンテミリオン・グランクリュAOCも、ブドウの出どころは同じですが、後者の方が各種の品質規定が厳しくなっています。

この投稿をInstagramで見る

サンテミリオン グランクリュ2014 フランス🇫🇷ボルドーの右岸、サンテミリオンのワイン。メルロ主体(85%) 濃いめの中程度、少しオレンジがかっていてガーネット色。 香りはレッドプラム、レッドチェリー、ブラックプラム、ブラックチェリー、リコリス、ナツメグ、バニラ、ビターチョコ、コーヒー、湿った葉、レザー等が重なり合う複雑な香り。 辛口で酸味は高く柔らかいタンニンは多め。アルコール強い。 フルボディで風味の強さは強く余韻はやや長めの中程度。 #ワイン好きな人と繋がりたい #ワイン #赤ワイン #メルロー

akemi🍷(@akemi_wine)がシェアした投稿 –

シャトー・ディッサン2013

ボルドーのメドック格付け3級のシャトー・ディッサンのカベルネ・ソーヴィニヨン主体のワインです。シャトー・ディッサンはAOCマルゴーです。

マルゴーも行きました!私が訪問したワイナリーは、格付け2級のシャトーラスコンブです。こちらはマルゴー村のAOCマルゴー。シャトー・ディッサンはカントナック村のAOCマルゴー。

この投稿をInstagramで見る

シャトー・ディッサン 2013 フランス🇫🇷ボルドー左岸のマルゴーにある格付3級シャトー。カベルネ・ソーヴィニヨン主体。 濃いガーネット色。 香りはやや強めの中程度。 ブラックプラム、カシス、ブラックチェリー、ユーカリ、ドライハーブ、ピーマン、黒こしょう、スギ、トースト、クローブ、森の下生え、土、レザー等複雑な香り。 辛口で酸味は高く、柔らかいタンニンは多め。アルコールは中程度。少し軽めのフルボディで風味の強さは中程度。余韻は中程度。 —— テイスティングの時は他のワインと比べてそこまでの素晴らしさを感じなかったけど、少し時間が経って、このワインだけ素晴らしい変化を遂げていた事に驚きました。素晴らしいワインは時間を掛けて楽しみたいと感じました😊 #ワイン好きな人と繋がりたい #ワイン #赤ワイン #マルゴー

akemi🍷(@akemi_wine)がシェアした投稿 –

ベリンジャー2016

(カベルネ・ソーヴィニヨン アメリカ カリフォルニア ナイツ・ヴァレー)

ナイツ・ヴァレーはソノマの内陸部に位置しています。

ベリンジャーの日本公式サイトを見つけました。

https://www.sapporobeer.jp/wine/beringer/

この投稿をInstagramで見る

カベルネ・ソーヴィニヨン2016 アメリカ🇺🇸カリフォルニア州ソノマ(ナイツ・ヴァレー)のワイン 濃いルビー色。 香りはやや強めの中程度。よく熟した黒スグリ、ブラックベリー、ブラックチェリー、ユーカリのようなスッとした香り、リコリス、シナモン、チョコレート、バニラ、コーヒーの香り。 辛口で酸味は高く、柔らかいタンニンは多め、アルコール強い。 フルボディで風味の強さは強い。余韻はやや長めの中程度。 風味の強さにジャムっぽい甘い感じを感じるワイン。 #ワイン好きな人と繋がりたい #ワイン #赤ワイン #カベルネソーヴィニヨン

akemi🍷(@akemi_wine)がシェアした投稿 –

ギガル2015

(シラー フランス 北ローヌ)

シラー100%のワインです。2015年は天候に恵まれた素晴らしいヴィンテージなのだそう。

インポーターはラック・コーポレーションさんでした。

ボーム、メアル、ベサール、エルミットの区画のぶどうを使用。温度を調節しながら4週間の醸し発酵。50%の新樽率で40ヶ月樽熟成を施す。エッジが紫がかった深いルビー。小さな赤い果実のアロマ。スパイシーかつ筋肉質な味わいで、カシスの芽やバニラ、そして甘草のアフターフレーバー。

インポーターサイトのエルミタージュ・ルージュ味わいコメント
この投稿をInstagramで見る

エルミタージュ 2015 フランス🇫🇷ローヌ北部のエルミタージュというAOCのワイン。 この地域はシラーというブドウ品種で有名。 このワインはシラー100%。 濃いルビー色。 香りは中程度。新鮮なブラックベリー、ブラックチェリー、ラベンダー、黒こしょう、バニラ、グローブの香り。 辛口で酸味は高くタンニン多い。アルコール強い。フルボディで風味の強さは強く、余韻も長い。 このワインの強い香りと味わいにはジビエのようなお料理が合う。 #ワイン好きな人と繋がりたい #ワイン #赤ワイン #コートデュローヌ #ギガル #シラー

akemi🍷(@akemi_wine)がシェアした投稿 –

オールド・ブロック・シラーズ2015

(シラーズ オーストラリア バロッサ)

こちらもシラー100%。樹齢40年以上の古木から作られたワインです。

オールド・ブロック シラーズは同ワイナリーのフラッグシップとなる最高級品。樹齢60〜100年以上のシラーズの古樹で育ったブドウを丁寧に手摘みし、収穫区画ごとに仕込まれたワインは、フレンチオーク樽で約20カ月間熟成されます。
バロッサ・ヴァレーのブドウからは芳醇な果実味とチョコレートやコーヒー、スパイスのニュアンスが、エデン・ヴァレーのブドウからはブラックベリーなどのエレガントなフルーツの香りとミントやユーカリなどのニュアンス、きめの細かいタンニンがもたらされ、これらの特長がフレンチオークで熟成することで見事に調和しています。シニア・ワインメーカーのスチュアート・ブラックウェル氏は、このワインを上品な貴婦人のようなワインと称しています。

KIRIN Mercian