WSET レベル2 セッション4

WSET レベル2のレッスンを受けて来ました。

この日はセッション4(第4回目)の授業で、白ワインに焦点を当てて学びました。以前も白ワインについては学んだのですが、本日はシャルドネ、ソーヴィニョン・ブラン、ピノ・グリなどです。

昨年末にボルドーへ行ったばかりなので、ボルドーの白ワイン(ソーヴィニョン・ブランやセミヨン)関してはかなり理解が早いですが、これまであまり飲んで来なかったピノ・グリやアルバリーニョなどは少し手こずります。

こちらが本日試飲したワイン。

WSET level2
  1. シャルドネ(フランス・ブルゴーニュ・シャブリ)
  2. シャルドネ(フランス・ブルゴーニュ・ムルソー)
  3. シャルドネ(オーストラリア)
  4. ソーヴィニョン・ブラン(フランス・ロワール・サンセール)
  5. ソーヴィニョン・ブラン(ニュージーランド)
  6. アルバリーニョ(スペイン)

一番右の6番アルバリーニョだけは少し色が濃いですが、他は見た目はほぼ同じですね!しかし香りや味わいが全く違うのです。

この投稿をInstagramで見る

M3シャルドネ 2017 オーストラリア🇦🇺アデレードヒルズのワイン。 アデレードヒルズは南オーストラリア州に位置し、海風を受けるのと標高が高い事で、オーストラリアの他の場所よりも涼しい。 淡いレモン色。 香りは強い。オーク樽から来る焦がした木やパンの香りを強く感じる。他にパイナップルやバナナ、メロン、桃、レモン、グレープフルーツの香りもある。 辛口で酸味は高い。風味は強く余韻は中程度〜長め。 アルコール度数12〜13%、フルボディに近いミディアムボディ。 #ワイン #白ワイン #オーストラリアワイン #シャルドネ #テイスティング

akemi🍷(@akemi_wine)がシェアした投稿 –