リースリングについて

リースリングはドイツを代表とする白ブドウ品種です。

栽培が広まったのは15世紀以降と言われています。

香り

白い花、蜂蜜、白桃、青りんご、など甘美なアロマを備えています。また、柑橘類やミネラルの香りに富んでいます。熟成すると、さらに香りが高くなります。

味わい

高い酸味が特長です。りんごのようなすっきりとした爽やかな酸味と甘さを合わせ持ちます。熟成によってガソリンのような香りも現れてきます。

ワインのスタイル

辛口から甘口まで、またライトボディから振るボディまで様々なスタイルのワインが作られています。一般的にはオーク樽はあまり使われません。

主な産地

リースリングは冷涼な気候を好みます。したがって、有名な産地は比較的冷涼な場所が多いです。

  • ドイツ モーゼル
  • ドイツ ラインガウ
  • ドイツ ファルツ
  • フランス アルザス
  • オーストラリア クレア・ヴァレー
  • オーストラリア イーデン・ヴァレー

下の写真はドイツのモーゼル川沿いの産地モーゼルです。急斜面の畑は日光が川に反射し、日照量が増えるというメリットがあります。北半球の高緯度に位置している為、いかに日照量を確保できるかがブドウ栽培の鍵となります。


下の写真はフランスのアルザス地方の写真です。アルザス地方はドイツに隣接しており、歴史的にも地学的にもドイツの影響を強く受けています。ドイツの産地ファルツは、気候においてアルザスの延長線にあるとみなされるほどです。

オーストラリアのイーデン・ヴァレーとクレア・ヴァレーは、いずれも南オーストラリア州に位置します。イーデン・ヴァレーがアデレードの北東、クレア・ヴァレーが北です。
オーストラリアは温暖な国ですが、この2つのエリアは標高が高い為、冷涼でリースリングに適した気候となっています。