ピノ・ノワールについて

ピノ・ノワールは、フランス・ブルゴーニュ地方が起源の赤ワイン用品種です。

フランスのブルゴーニュ地方は、地図で見るとこの辺り。ブルゴーニュからは数々の名高いワインが生み出されています。

淡いルビー色。

香り

若いうちはイチゴやチェリー、ラズベリーのような華やかな赤系果実の香りがします。

熟成とともに土やきのこ、なめし革、馬小屋、ジビエなどの香りを重ねて行きます。

力強さよりも繊細さ、エレガント さが魅力の品種です。酸味は比較的豊富で、すっきりとしています。果実味が豊かでタンニンは少なめ。繊細でスムーズな口当たりが特徴です。

ワインのスタイル

基本的には単一品種で醸造されます。
例外としては、シャンパーニュ地方においてシャルドネやムニエなどとブレンドされることもあります。

主な産地

ピノ・ノワールは世界各地でも栽培されており、テロワールを反映しやすい品種でもあります。冷涼な気候を好むため、温暖な場所では、いかに冷却効果を得られるかが焦点となります。

  • フランス ブルゴーニュ地方
  • アメリカ合衆国 オレゴン州、カリフォルニア
  • ニュージーランド マーティンボロ、マールボロ、セントラル・オタゴ
  • オーストラリア ヤラ・ヴァレー、モーニングトン・ペニンシュラ
  • チリ カサブランカ・ヴァレー
  • 南アフリカ ウォーカーベイ

なお、ドイツではシュペートブルグンダーと呼ばれています。

相性の良い料理や食材

牛肉、豚肉、赤身の魚、青魚、梅干しやベリーなど酸味の強い食材。